top of page
  • 執筆者の写真カーボンプランニング

【省エネ診断費90%補助】「令和5年度補正・令和6年度 中小企業等に向けた省エネルギー診断拡充事業 」

更新日:3月15日

省エネクイック診断を受けた場合は省エネ補助金の加点措置が受けられる予定(令和5年度補正・令和6年度)。


中小企業等エネルギー利用最適化推進事業費
出典:資源エネルギー庁

index
 

1.診断を受けられる事業者

以下のいずれかに該当する事業者であること。

・中小企業基本法に定める中小企業者

・会社法上の会社に該当せず、前年度もしくは直近1年間のエネルギー使用量

(原油換算値)が1,500kl未満の事業所



2.診断プラン(料金)

(1)省エネ診断コース(5,500円(税込み)/1設備)

  • 設備単位プラン(最大2設備まで)

  • まるっとプラン(3設備)

    • 登録診断機関が実施可能な設備単位プランの対象設備区分のうち、原則3設備の省エネ診断を行う。 ※4設備以上を対象とする場合は、協議の上決定。

(2)効果測定コース(3,850円(税込み)/1設備)

  • 設備単位プラン(最大2設備まで)

  • まるっとプラン(3設備)

    • 登録診断機関が実施可能な設備単位プランの対象設備区分のうち、原則3設備の省エネ診断を行う。 ※4設備以上を対象とする場合は、協議の上決定。


※登録診断機関により対応できる診断設備やプラン、対応地域は異なります。

 (弊社は全ての設備・プランの診断可能です。対応地域は東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨です。)



3.診断項目(メニュー)

  • 設備区分

    • 空調設備

    • 照明設備

    • ボイラ・給湯器

    • 工業炉

    • 受変電設備

    • 冷凍冷蔵設備

    • コンプレッサ

    • 生産設備

    • 給排水・排水処理

    • デマンド対策


  • 基本的な提案内容

省エネ診断メニュー

※赤字記載は当社独自メニュー


4.申込期限

2025年1月上旬まで

※予算額に達した場合、予定より早く受付を終了する場合があります。


5.省エネ診断のメリット

  1. 短時間でニーズに応じた診断が可能 エネルギーコストが気になる1設備のみからの診断も可能です。

  2. 費用0円での運用改善によるコスト削減も可能(※診断費用はかかります)

    1. 設備・機器の最適な使い方の提案を行います。

    2. 温度、照度等の設定値の適正化を行います。

  3. 省エネ取組みの立案支援 各設備のエネルギー使用量を把握することで、コスト意識の醸成や設備更新の判断材料とすることが可能です。


6.診断の流れ

  1. お申込み 執行団体(未定)のホームページよりお申込み。 ※当社へ診断をご用命の場合は、お申込み含め当社にて実施させていただきます。 どのプランを選べばよいかわからない場合は、まずは今のご状況をお聞かせください。

  2. 事前調整 「省エネ診断実施前ヒアリングシート」にそって、対象となる施設や設備等の内容を確認します。

  3. 現地診断 現地省エネ診断を実施します。 省エネ診断実施後は、「従事証明書(診断時)」に署名をいただきます。

  4. 診断報告書作成 診断結果を取りまとめ、「省エネ診断報告書」を作成いたします。

  5. 報告会の実施 「省エネ診断報告書」の内容について報告会を実施します。

  6. お支払い 検収書を受領後、診断費用のお支払いとなります。


 

弊社では省エネ診断はもちろん、設備更新向け省エネ補助金申請のアドバイスなども含めご提案させていただいております。ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。


Comments


bottom of page